Eyefiクラウドの機能や便利な使い方

Eyefiクラウドとは何かを徹底解説!

使ってみないとイマイチよくわからないクラウドサービス。

「いったい何がどう便利なの?」

「クラウドに写真を預けるのって安全なの?」「有料と無料の違いは?」

「他のクラウドサービスと何が違うの?比較して優れている点は?」「簡単に操作できるの不安…。」

などなど。みなさまの疑問にお答えします。


~目次~

まずはじめに…Eyefiクラウドとは何か

Eyefiクラウドのベーシックな機能説明

無料登録と有料登録の違いは?

さらにワンレベル上の使い方


まずはじめに…Eyefiクラウドとは何か

Eyefiクラウドは、写真に特化して開発・デザインされたクラウドサービスです。特徴としては

Eyefiクラウドのベーシックな機能説明

複数の端末で同期

モバイルアプリでクラウドに同期するには:
デジカメで写真を撮影 → Eyefi MobiカードまたはWiFi内蔵カメラからMobiアプリに転送 → MobiアプリからEyefiクラウドにアップロード → お使いの複数の端末に自動で同期

モバイル端末で写真を撮影 → → MobiアプリからEyefiクラウドにアップロード → お使いの複数の端末に自動で同期

PCでクラウドに同期するには:
デジカメで写真を撮影 → Eyefi MobiカードからMobiデスクトップアプリに転送 → MobiデスクトップアプリからEyefiクラウドにアップロード → お使いの複数の端末に自動で同期
※デスクトップアプリの設定で、クラウドにアップロードされたデータをバックアップ用にPCに自動ダウンロードすることもできます。

これによりコードなどを使わなくてもデジカメの高画質な写真がクラウドにすぐにアップロード。そしてスマホで撮った写真と一緒に見ることができます。パソコンからは過去の写真もクラウドにアップすることができます。


自動整理(スマートタグ、スマートビュー)

大量の写真を撮ってクラウドに保存しても、見たい時に見たい写真をピンポイントで探し出すことができないと困りますよね。そんなときに役立つのがスマートタグとスマートビューです。

スマートタグとは、Eyefiクラウド内に写真がアップロードされると、写真の内容がシーン判別されて、自動的に「風景」「食事」「人物」などのタグがつく機能です。初めに1度だけ設定を行えば、その後マニュアルの操作はいっさい不要。写真を自動的にカテゴリ分けするので、写真の整理や検索に非常に便利です。 スマートタグの設定方法はこちら >

スマートビューとは、検索条件を指定して、その検索結果をビューとして保存することができる機能です。例えば「2015年1月1日から2015年11月30日までの間で、かつ「お気に入り」にした写真。」という条件をスマートビューとして保存します。すると該当する写真が一覧となって表示されます。スマートビューはその条件にあった写真が新たに追加されたら、ビューに自動的に追加されるのが便利なところです。


編集とシェア

Coming soon...


オリジナル解像度で保存・バックアップ

Coming soon...

無料登録と有料登録の違いは?

Eyefiクラウドは初めにユーザーアカウントを作成いただくと30日間の無料お試し期間がついてきます。お試し期間中はEyefiクラウドの全機能を使うことができます。

メンバーシップの期限が切れますと、クラウドにアクセスすることができません。クラウド上の写真や動画もご覧いただけなくなってしまいます。

メンバーシップのご購入は、月額500円か、もしくは年額5000円となり、Eyefiクラウドのメニュー>アカウント>メンバーシップ情報からご購入いただけます。

さらにワンレベル上の使い方

WiFi内蔵カメラと使う

Mobiカードを持っていない方でも対応WiFiカメラから直接、WiFiカメラのネットワークを利用してMobiアプリに写真や動画を転送することができます。

対応機種や、それぞれのメーカーのカメラの設定方法はこちらをご覧ください。

IFTTTで活用する

IFTTTは様々なクラウドサービスをウェブ上で連携し、「If This Then That」という形でユーザーが作業の自動化の「レシピ」を作成できるサービスです。Eyefiクラウドと連携して使うことにより、写真の管理や保存、シェアなどさまざまなことが便利になります。例えば…

デジカメ撮った写真を、Eyefiクラウド経由で、全自動でパソコンに保存する
(Dropbox・Google Drive・Skydriveなどに保存するようアクションを設定)

ウェブサイト上のお気に入りの写真をEyefiクラウドに自動保存する
(Instagram上でLikeした写真を、Eyefiクラウドに自動で保存する設定)

など自由にレシピを作成できます。

IFTTTのアカウントの作り方はこちら

IFTTTのレシピの作成、人のレシピをコピーして簡単に設定する方法はこちらをご覧ください。