Eyefiクラウド機能紹介「スマートタグの設定方法と詳細」

写真を撮るのは楽しいけれど、その後の整理に頭を悩ます方も多いのでは?
大量の写真を撮っても、見たい時に見たい写真をピンポイントで探し出すことができないと困りますよね。

そこで活躍するのがEyefiクラウドの「スマートタグ」です!

スマートタグとは、Eyefiクラウド(app.eyefi.com)内の写真がシーン判別され、自動的に「風景」「食事」「人物」などのタグがつく機能です。初めに1度だけ設定を行えば、その後マニュアルの操作はいっさい不要。写真を自動的にカテゴリ分けするため、写真整理や検索に非常に便利です。


【事前設定方法】
まず、メニューの「アカウント」から、言語設定をご確認ください。

日本語でお使いの場合は日本語のタグがつきます。英語でお使いいただいている方はタグも英語になります。
一度ついたタグの言語は、その後言語設定を変えても変換されませんので、ご注意ください。

同じくメニューの「アカウント」画面で、「Eyefiクラウドによる自動タグ付けを許可するか 設定を変更 する」をクリックし、「スマートタグを有効にする」をクリックします。
これで準備は完了です。

smart tag settings

【タグ】
スマートタグを有効にしたあと、しばらくすると画像認識結果がスマートタグとして付与されます。
メニューの「タグ」画面をご確認ください。タグには大カテゴリ(例:食べ物や飲み物)とサブカテゴリ(例:ビール)があります。

smart tag example

この自動判別により、1枚の写真に複数のタグがつくこともあります。
例えばこの写真には「自然」「建物」「構造」「水」「マシン」「空」といういくつものタグが自動で付きました。もちろんここに、自分のオリジナルなタグを追加することもできます。

smart tag exif


今後はEyefiクラウドに新しい写真が追加されるたび、自動的にタグがつきます。
1つ1つの写真に自分でタグをつけるのはとても大変です。そんな面倒なタグ付けの悩みを一気に解決するのが「スマートタグ」。ぜひぜひご活用ください。