‘Why photos go viral’ 第1回 「思わずシェアせずにはいられない、魅力ある写真とは?」

こんにちは。アイファイジャパンの古谷です。

先日Eyefi US本社が
Why photos go viral: Photographers share their secrets
(なぜ写真は口コミで広がるのか?プロカメラマンがその秘密を明かす)
というeBookを発表しました。
(もしかするとEyefiのニュースレターを購読いただいている方には、英文のメールが届いているかもしれません)


近年インターネット上で、ある画像が急に有名になったり、ものすごい回数シェアされたりと、話題の写真を目にする機会も増えてきたと思います。

プロが撮影した写真でなくても、おもしろいから、めずらしいから等々、ちょっとした理由やきっかけで急速な勢いで話題にのぼります。

なぜ話題になるのか?その謎について、写真好きのみなさんに非常に興味深い内容かと思いますので、このブログでもいくつか抜粋してお届けしたいと思います。

まず「思わずシェアせずにはいられない、魅力ある写真とは?」


写真で何千ツイートって可能なの?
もちろん可能です。
実際、ソーシャルメディアにおいては、テキストより画像の方が非常に効果的だということがわかっているのです。その根拠としては…

  1. 脳に伝わる情報の90%は視覚から。画像は言葉だけの場合よりも60,000倍早く処理されるといわれています。
  2. ソーシャルメディアでは、画像がないものに比べ、画像がついている投稿は平均94%プラスPV(ページビュー)があがり、全体的に投稿に対する愛着・つながりの度合いも急増。
  3. 画像はシェアするのも簡単で、すぐに見ることができるため「ソーシャルメディアフレンドリー(適している)」なコンテンツと言えます。


写真家や写真好きの皆さんにとっては、これはうれしい裏付けですよね。それでは次回は、「成功する写真と失敗する写真の違い」についてご説明しましょう。お楽しみに!

* 本文中で使用しているデータ参照元:hubspot blogの「19 Reasons You Should Include Visual Content in Your Marketing [Data]」より
*eBookの全内容(英文)はこちらからご覧いただけます(PDF形式のファイルが閲覧できます)

------

Why photos go viral ブログ記事

第2回 「成功する写真と失敗する写真の違い」

第3回 「風景の中の特別な瞬間を切り取る」

第4回 「見る人の解釈にゆだねる」

------