‘Why photos go viral’ 第2回 「成功する写真と失敗する写真の違い」

こんにちは。アイファイジャパンの古谷です。

先日、Eyefi US本社がだしたeBook
Why photos go viral: Photographers share their secrets
(なぜ写真は口コミで広がるのか?プロカメラマンがその秘密を明かす)

から、第1回目の「思わずシェアせずにはいられない、魅力ある写真とは?」をお届けしました。

2回目の今日は「成功する写真と失敗する写真の違い」についてみてみましょう。


シェアされる写真の特徴について
話題になる写真に、絶対の法則というものはありませんが、以下の4つのヒントはかなり重要な要素といえるでしょう。

  1. 人物:動きが少ない写真に比べて、人が生き生きと写っている写真はより刺激的にみえ、よりシェアされます。
  2. 自然:動いている風景、激しい天候の移り変わり、ただただ美しい花のショットなど。自然を被写体にするのも熱心なファン層には効果的です。
  3. 感情:喜び、悲しみ、情熱、怒り、それが何であろうと、感情や人生のストーリーが感じられる写真には、素晴らしい反応がかえってくるものです。
  4. 動き:おとなしく写っている自撮り写真は、あなたがセレブでない限りまったく話題になりません。構図をダイナミックに、動きを取り入れましょう。


ではプロカメラマンによる具体的な例を見ていきましょう。

Jasmine Starはウェディングフォトグラファーとして非常に有名です。
今回の写真はFacebookで3,000、Instagramで1,300を超える「いいね」を獲得しました。


Jasmineのコメント

これは、式の前に花婿が初めて花嫁を見た時の写真です。
この写真がみなさんの共感を得ることができたのは、ありのままのリアルな瞬間を写しているからだと思います。女性は誰でもみんな、初めて自分のウェディングドレス姿を見せた時、彼に息をのんでもらいたいですよね?新郎のClarkが新婦のKrissiを見た瞬間を切り取ったこの写真は、そのリアルさが伝わって、みなさんはコンピューターのスクリーンで見ているにもかかわらず感動、共感してくださったのだと思うのです。

さて、その写真とは…?

次回も、素晴らしい写真をご紹介します。お楽しみに!


* 本文中で使用しているデータ参照元:hubspot blogの「19 Reasons You Should Include Visual Content in Your Marketing [Data]」より

*eBookの全内容(英文)はこちらからご覧いただけます(PDF形式のファイルが閲覧できます)

------

Why photos go viral ブログ記事

第1回 「思わずシェアせずにはいられない、魅力ある写真とは?」

第3回 「風景の中の特別な瞬間を切り取る」

第4回 「見る人の解釈にゆだねる」

------