アイファイジャパン、エントリーモデル“Eye-Fi Mobi 4GB”を数量限定で新発売

〜パソコンへの直接転送を可能にするアプリのβ版もリリース

 世界初の Wi-Fi(無線 LAN)内蔵メモリーカード、「Eye-Fi カード」を販売するアイファイジャパン株式会社(東京都渋谷区:代表取締役 田中大祐)は、スマートフォンやタブレットで簡単に利用できるEye-Fi Mobi シリーズのエントリーモデルとして“Eye-Fi Mobi 4GB Class6”を 12 月 21 日より数量限定で全国量販店及びインターネットにて順次販売開始致します。

 また、今までのモバイル端末への自動転送に加え、Windows 搭載パソコン(※1)にもデジカメからワイヤレスで自動転送が可能になる”Eye-Fi Desktop Receiver (Windows)”のβ版を US サイトにて提供開始しました。 

             Eye-Fi Mobi 4GB               “Eye-Fi Desktop Receiver(Windows)”β版

 “Eye-Fi Mobi 4GB Class6”は他の Eye-Fi Mobi シリーズと同じ様に、スマートフォンやタブレットのみでセットアップできる「かんたん設定」を搭載。専用の無料アプリをダウンロードし、同梱されている 10 桁のアクティベーションコードを入力するだけで、セキュリティで守られたデータ転送が可能になります。

 また、主要メーカーの1,000 機種以上のデジタルカメラとの幅広い互換性に加え、カメラ側にEye-Fi専用メニューが搭載されている「Eye-Fi 連動機能(※2)」カメラにも対応しています。また、カメラでプロテクト(保護)設定された画像を先に転送する「優先転送機能」も、他の Eye-Fi Mobi シリーズと同様に搭載しています。

 “Eye-Fi Desktop Receiver(Windows)”は、Windows 上で動作するアプリケーションで、スマートフォン向けアプリと同じくインターネットがない環境でも、アクティベーションコードの入力だけでかんたんに設定が完了し、デジカメで撮影した画像を指定したフォルダにワイヤレスで自動保存することが可能になります。現在、英語のみのβ版を提供しており、来春までには Mac 版も含めて正式リリースをする予定です。なお“Eye-Fi Desktop Receiver (Windows)”は現行の全ての Eye-Fi Mobi シリーズ(8GB、16GB、32GB)でも動作します。(※3)

▶ダウンロード URL: http://www.eye.fi/lp/desktopreceiver 

      “Eye-Fi Desktop Receiver(Windows)”β版                  “Eye-Fi Desktop Receiver(Windows)”β版

<CEO Matt DiMaria のコメント>

 Eye-Fi の最大の特徴である自動転送機能を使えば、スマートフォンやタブレット、そして今回からパソコン上でも面倒な操作を一切せずに、撮った写真をすぐに大画面で見ることができます。結婚式やパーティーでリアルタイムにスライドショーを表示したり、iPad の大画面で画像を確認しながら撮影を楽しむことができます。この「全自動」の感動をより多くのお客様に体験していただきたく、今回数量限定ではありますが、実売 3000 円以下というリーズナブルなモデルを発売できたことを大変うれしく思っています。是非、この機会にあなたのカメラをワイヤレスにアップグレードして、Eye-Fiの世界を楽しんでください。

<Eye-Fi社について>

 Eye-Fi 社は写真を楽しみ、管理し、共有することを提供するサービスや商品の開発に専念してきました。Eye-Fi 社の保有する特許技術により、デジタルカメラから画像をワイヤレスに自動でモバイル デバイスやパソコンにアップロードすることができます。また、カメラから Eye-Fi の各種機能を制御できる「Eye-Fi 連動機能」は、世界の主要 10 カメラメーカーにサポートされています。カリフォルニア州のマウンテンビューに本部を置き、投資企業には、NTT DoCoMo 社、Opus Capital 社、Shasta Ventures社と Translink Capital 社等があります。Eye-Fi カードは日本国内のオンラインサイトおよび家電量販店にて販売しております。詳しくは(http://eyefi.co.jp/store/store-info.html)を参照下さい。また、Eye-Fi のアプリは App ストアとAndroid マーケットから入手可能です。より詳しい情報については(http://eyefi.co.jp) をご覧ください。